FC2ブログ

ムコ動物病院の診療録

病院からのお知らせなどを掲載していきます。

耳の中を覗いてみると・・・

こんにちは
あっという間に2014年も1ヶ月が終わり
瞬く間に2月となりました
時がたつのは早いですね・・・

さて今回はフェレットさんの!!!
にまつわるお話をしよう思います。
耳の中を覗いたことはありますか・・・?

こんな感じ・・・↓

116.jpg

こげ茶色の耳垢が付いているのが分かると思います。

体が小さいフェレットさんの耳はこれまた小さい・・・
そんな耳のお手入れの仕方をお話できれば!

基本的には外にあふれてきている耳垢をコットンやティッシュでぬぐってあげる形でOKです。
 乾いていると取れづらいので洗浄液をしみこませてあげると
 ふき取りやすくなります。
 力を入れてしまうと皮膚を傷つけてしまいますので
 やさしく行ってあげてください。

137.jpg

病院で処置を行う場合は細いめん棒で耳垢を取り除きますが
 ご自宅でそれを行ってしまうと
 逆に耳垢を奥につめてしまう場合が。
 無理せず気になる場合はご相談ください

139.jpg

お掃除が終わるとこんなにきれいになりました

140.jpg


ここで!
ひとつ注意していただきたいことが!!!!

耳の中に寄生する耳ダニがいる場合
黒っぽい耳垢が出て耳をかゆがる様子がみられます。
耳ダニがいる場合は耳掃除を行う前に駆虫が必要になります!!
もしかして・・・と心当たりがある場合は掃除はしないで
病院にご相談ください(耳垢を顕微鏡で確認させてもらいます)


実際やってみて難しい・・・などご相談や質問ありましたら
お気軽に声をかけてくださいね


                                         看護師 金森
スポンサーサイト

犬の食事3

こんにちわ。とっても寒くなってきましたので、体調管理に気をつけてください
今回は、タマネギ(ねぎ)のお話です。

yasai_p03_d_01.png
ネギ類は色々な物に入っています。「すき焼きの残りの汁を与えていた」「味噌汁の具を除いて汁を与えていた」は、ネギの成分が汁に染み出しているので、ネギ自体を食べていなくても、与えた事になります
そんなよく料理に使われるネギ類だからこそなのでしょうか、チョコレートと同じく、口にしてしまう危険な食べ物リストに登場します。では具体的に。。。

ネギ類が犬にとってダメなところ…
ネギ類のアリルプロピルジスルファイドという成分が悪さをします。タマネギ・ネギ・にら・にんにくなどに含まれる成分です。その成分のせいで、血液中の赤血球が壊されてしまいます
この、アリルプロピルジスルファイドは、熱を通しても壊れません。むしろ熱を通すとさらに悪くなると言われます。と言うことは、生のネギ類よりも炒めたりゆがいたりする方が危険です。

赤血球が壊されると…
貧血・血尿・嘔吐・下痢などが起こります。ひどい場合には亡くなることもあります。
5㎏の犬が、1㎏分のタマネギを食べると危険といわれます。個体差がありますので、少量でも症状が出る場合もあります。

食べてしまったら…
チョコレート同様、発見が早ければ吐かせましょう。
いつ食べたかわからない、と言う場合は病院へ行きましょう。血液検査をして貧血が無いかをチェックします。

冬は鍋がおいしい季節です色々な種類の鍋をすると思いますが、くれぐれもネギ類には注意してください
                     
                     看護師  胡 景子

FC2Ad